いまさら聞けない印刷用語集その29「画像サイズと印刷サイズ」

DN159_L.jpg
今やポジフィルムや印画紙プリントで印刷用写真原稿を入稿することはほとんどなくなり、もっぱらデジタルカメラで撮影した画像データを使うようになりました。

そのような状況になってくると入稿の際、画像サイズ(解像度)の問題が非常に多く起こるようになりました。

昔のようにフィルムやプリントで入稿されれば、印刷会社の方で印刷サイズに合わせた適性サイズでスキャニング作業をおこなうのでそのような問題は起こりませんでした。

また入稿されたデータが実際の印刷サイズに必要なサイズより大きい場合も印刷会社の方で適性なサイズにリサイズすれば問題ありません。

問題なのは、印刷サイズより小さな画像サイズで入稿された場合です。

この場合、適正サイズにリサイズすると画像が荒くなったりボケたりしたりと劣化が起こります。

■適切な画素サイズの画像



■適切な画素サイズの1/2の画像


それでもサイズ不足の程度によっては劣化が気にならないケースなどもありますが、たとえば写真集などの美術関連書や書籍、カタログ・パンフレットなど写真のクオリティーが重要なファクターである印刷物では画素サイズが足らないことは致命的な問題だと言えます。

そこで、印刷サイズごとに適切な画素サイズを、印刷適性解像度といわれる350dpiを目処にまとめてみました。

印刷サイズ 必要画素サイズ(350dpi換算)
A1(594mm × 841mm) 8185px  × 11589px
A2(420mm × 594mm) 5787px × 8185px
A3(297mm × 420mm) 4093px × 5787px
A4(210mm × 297mm) 2894px × 4093px
A5(148mm × 210mm) 2039px × 2894px
A6(105mm × 148mm) 1447px × 2039px
B2(515mm × 728mm) 7096px  × 10031px
B3(364mm × 515mm) 5016px × 7096px
B4(257mm × 364mm) 3541px × 5016px
B5(182mm × 257mm) 2508px × 3541px
B6(128mm × 182mm) 1764px × 2508px

このデータをデジタルカメラの スペックでよく聞く記録画素数に置き換えてみると、はがきサイズにあたるA6サイズで約600万画素、A4サイズで1200万画素の性能があれば、印刷用データとして十分なサイズだと言えます。

したがって最近のスマートフォンに付属しているカメラでもクオリティさえしっかりしていれば十分に印刷に耐えうる画像サイズで撮ることができることになります。

また、現在の一眼レフカメラですと大体1600〜2000万画素のものが主流ですので、その場合はB4〜A3サイズのフルトリミングまでは印刷適性が十分にあることになります。

ちなみに画像データの画素サイズを調べる方法は、Windowsの場合は、当該の画像ファイルの「プロパティ」を、Macの場合は「情報を見る」を見れば確認することができます。

スマホの場合は、Andoroidはデフォルトで情報を見ることが可能ですが、iPhoneはデフォルトでは画像サイズや画素数は確認できません。
ただし写真情報ビューアーアプリを無料版でも入手は可能です。

ところで、印刷用に画像データを入稿するにはデータサイズが大きいとメール添付では送れないので、CDやDVDにコピーして手渡しや郵送するか、ファイル転送サービスを使わなければなりませんが、CDやDVDでのやりとりでは手間や時間がかかってしまいますし、ファイル転送サービスも大きな容量になると有料になってしまいます。

そこで、弊社では自前のクラウドストレージサービスを無料でご用意しています。

具体的には、クラウド上のサーバーにお客様専用フォルダをご用意し、お客様にはそのフォルダーへのアクセス用のURLとログイン用パスワードをお知らせし、そのフォルダをお客様専用として弊社で共有します。

お客様のほうでは、弊社からお知らせした専用URLにパスワード入力でアクセスして、データやファイルをアップロード・ダウンロードしていただけます。

また、弊社のサーバーでは現在1TBの領域を確保していますので、ほぼデータ容量を気にすることなくご利用いただけます。

関連エントリー
今さら聞けない印刷用語集 その1「くわえ」
今さら聞けない印刷用語集 その2「ダブルトーン 」
今さら聞けない印刷用語集 その3「版下」
今さら聞けない印刷用語集 その4「取り都合」
今さら聞けない印刷用語集 その5「付け合わせ」
今さら聞けない印刷用語集 その6「トンボ」
今さら聞けない印刷用語集 その7「塗り足し」
今さら聞けない印刷用語集 その8「オーバープリント」
今さら聞けない印刷用語集 その9「ピンホール」
今さら聞けない印刷用語集 その10「経済ロット」
今さら聞けない印刷用語集 その11「クレーム」
今さら聞けない印刷用語集 その12「Mインキ・Sインキ」
今さら聞けない印刷用語集 その13「オンデマンド印刷」
今さら聞けない印刷用語集 その14「デザイナーとDTPオペレーター」
今さら聞けない印刷用語集 その15「ヤレと予備紙」
今さら聞けない印刷用語集 その16「DICカラーガイド」
今さら聞けない印刷用語集 その17「 色校正」
今さら聞けない印刷用語集 その18「束見本」
今さら聞けない印刷用語集 その19「入稿」と「出稿」
今さら聞けない印刷用語集 その20「罫線」
今さら聞けない印刷用語集 その21「データ入稿」
今さら聞けない印刷用語集 その22「UV印刷」
今さら聞けない印刷用語集 その23「PDF入稿」
今さら聞けない印刷用語集 その24「プリフライトチェック」
今さら聞けない印刷用語集 その25「校正」
今さら聞けない印刷用語集 その26「著作権」
今さら聞けない印刷用語集 その27「ネット印刷通販」
今さら聞けない印刷用語集 その28「スキャニング」

ギフトショー・page2017・ててて見本市

tokyo_201702.jpg

今週は久しぶりに1泊2日で東京に出張して、いくつかの展示会をはじごで視察してきました。

ギフトショー春2017

初日はまず有明の東京ビッグサイトで開催されている東京インターナショナルギフトショー春2017に足を運び、昼食もとらずぶっ続けに約4時間館内を見て廻りました。



主にGALLERY&SHOP唐船屋で取り扱える商品がないかを探して廻ったのですが、残念ながらあまり釣果はありませんでした。
ただ、併催のプレミアムインセンティブショーの方ではいくつか参考になる機材や販促アイテムを発見できたので、全くの空振りは避けられました。
因みにこの展示会は広い東京ビッグサイトの全館を使用しており、この日だけでスマホの万歩計は2万4千歩以上をカウントしていました(汗)

page2017

翌日は、まず池袋サンシャインシティにpage2017を訪れました。



こちらは印刷メディアビジネスの総合イベントという位置づけで、会場内では有料・無料のカンファレンスやセミナーがたくさん開催されており、また印刷関連メーカーなどの最新技術を展示するブースや、印刷会社が自社の得意とするサービスを提案する「印刷パートナーゾーン」など盛り沢山のブースが用意されていました。

会場入口では、朝一番から入場に長い行列ができており、印刷業界も厳しい環境が続く中にあって皆さん情報収集に余念のない様子がひしひしと伝わってきました。

この展示会はIGAS(国際総合印刷機材展)などと違って会場が小さいので、大掛かりな機材の展示はありませんが、プリプレスやオンデマンド印刷、インクジェットプリンタ、製本機、電子ブック、ワークフロー関連、ネットワークなど様々な最新技術などを見学できて、大変勉強になりました。

特に今回個人的に目についたのが、デジタルによる校正ワークフローシステムやデジタル検版・検品の提案でした。

校正、それに検版や検品はこれまで人間の目に頼っている部分が非常に大きかったのですが、版下・製版・印刷工程や後加工などの工程がデジタル化によってどんどん省力化され、効率化がある程度行き着くところまで来たので、今度はこの分野に省力化のターゲットが移ってきているようです。

そのうち、完全な無人工場で印刷物がすべてできてしまう時代が来るのかもしれませんね。

こちらの展示会では、製本機械でひとつ面白いものを見つけたのと、印刷パートナーゾーンでいくつか非常に特徴ある技術をもつ会社さんを見つけたのが収穫でした。

ててて見本市

そして今回の東京出張の最後は、青山のスパイラルホールで開催中のててて見本市に顔を出してきました。

こちらは、弊社のGALLERY&SHOP唐船屋で取り扱っているSIWAさんから案内をいただいた、様々な中量生産品・手工業品を『作り手』が『伝え手』に伝える見本市で、事前審査を通った100組の『作り手』さんたちが出展されていました。



SIWAさんの新作ブランド AYUKO HISHIKAWA paper Accessory はもちろんのこと、他にも弊店のコンセプトにあった紙製品のブランドの出展者の方のお話を幾つか聞くことができました。
持ち帰って社内のスタッフと相談しながら、今後弊店での取扱いを検討していきたいと思います。

他にもデザイナーの古い友人に、情報交換をしつつ今話題の築地を案内してもらったり、夜は大学時代の友人たちと旧交を温めたりと、いろいろな意味で有意義な出張となりました。